Event is FINISHED

【満員御礼】PRESENT_17 高山義浩 私たちは「多死社会」をどう描く? 医療と介護が支えるよりよい人生の終わり方。

Description
【お知らせ】
本イベントのチケットは、ご好評につき完売いたしました。
たくさんのお申込みありがとうございました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

PRESENT_17 高山義浩
私たちは「多死社会」をどう描く? 医療と介護が支えるよりよい人生の終わり方。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「人生、最期の時は笑って迎えたい。」

自分らしく生きて、納得の上で最期の時を迎える。
きっと多くの人が、自分や大切な人の最期がそうであってほしいと思っているはず。

一方で急激に進む超高齢化社会は、 医療や介護、社会保障のニーズの爆発的増加だけでなく、
「私たちはどこで、どのように最期の時を迎えられるのか?」という
新たなテーマを投げかけようとしています。

2015年には年間の死亡者数が初めて130万人を突破、
75歳人口が2割を突破する2025年には、150万人に到達し、
人口減少が加速する「多死社会」がやってくると言われています。

今のままでは看取りケアの体制整備が追い付かず、
病院でも、介護施設でも、在宅ケアでも、 しっかりとサポートができない
「看取り難民」が多く発生すると言われています。

超高齢社会をよりよいものへと変革していくためには、
私たち一人ひとりが専門職として、家族として、地域の住民として、
「よりよい死に方・看取り方」を考えていく必要があるのではないでしょうか。

PRESENT_17でお迎えする高山義浩先生は、
これまで沖縄の地域医療に従事されてきた経験から、
地域の看取りについて新たな可能性を示唆してくれます。

私たちの大切な人が、私たち自身が、 自分らしく、
納得できる最期の時を笑って迎えられる「多死社会」のあり方とは?

決して悲観的にならず、ポジティブな“人生の仕舞い方”を、一緒に考えていきましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


【ゲスト紹介】


高山 義浩

沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科 医長
群馬大学医学部非常勤講師、神戸大学医学部非常勤講師、琉球大学医学部非常勤講師、日本医師会総合政策研究機構非常勤研究員、沖縄県地域包括ケアシステム推進会議医療介護連携部会長、うるま市高齢者福祉計画策定委員会委員。 沖縄県立中部病院に地域ケア科を立ち上げ、退院患者のフォローアップ訪問や在宅緩和ケアを開始。
その後、厚生労働省医政局地域医療計画課において高齢化を含めた日本の社会構造の変化に対応する地域医療構想の策定支援に取り組む。現在は、ふたたび沖縄県立中部病院に戻り、在宅緩和ケアと地域包括ケアシステムの連携推進に取り組んでいる。


【詳細】
日時:2018年11月23日(金)19:00~22:00(開場18:30〜)
会場:神楽坂Human Capital Studio
住所:東京都新宿区下宮比町2-12
定員:80名
参加費:4000円(飲食代込み) 
※10名限定! 学割:3,000円(10代‐20代の学生の方限定) ※決済後の返金対応は行なっておりませんので、予めご了承ください!ただし、シフト制でスケジュールが直前までわからない方は以下の対応とさせていただきます!


【シフト制の方へ】
10月末まで11月のシフトが分からないという方は、【10月末】までにキャンセルのご連絡頂けましたら返金対応させて頂きますので、参加したいと思って頂いている方はお席の確保をお願い致します。キャンセルのご連絡は『peatix』の問い合わせよりお願い致します。

※但し、以下の場合は返金手数料としてキャンセル1件につき500円の手数料が発生しますので、ご注意下さい!
(1)クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/151985
それでは皆さんのご参加お待ちしております!


【PRESENTについて】

2025年に向け、私たちは何を学び、どんな力を身につけ、どんな姿で迎えたいか。そんな問いから生まれた"欲張りな学びの場"「PRESENT」。「live in the present(今を生きる)」という私たちの意志のもと、私たちが私たちなりに日本の未来を考え、学びたいテーマをもとに素敵な講師をお招きし、一緒に考え対話し繋がるご褒美(プレゼント)のような学びの場です。


【主催】
超高齢社会を創造的に生きる次世代リーダーのコミュニティKAIGO LEADERS


【KAIGO LEADERS パートナー(協賛企業)】


サイボウズ株式会社



ドクターメイト株式会社


株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団

Updates
  • タイトル は 【満員御礼】PRESENT_17 高山義浩 私たちは「多死社会」をどう描く? 医療と介護が支えるよりよい人生の終わり方。 に変更されました。 Orig#386589 2018-11-10 08:06:42
More updates
Fri Nov 23, 2018
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
PRESENT_17 高山義治 SOLD OUT ¥4,000
PRESENT_17 学生枠(10〜20歳代限定) SOLD OUT ¥3,000
PRESENT_17 高山義浩(35歳以下限定) SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
新宿区下宮比町2−12 Japan
Organizer
KAIGO LEADERS
1,446 Followers
Attendees
77